~ 近鉄時代からの夢 バファローズ悲願の日本一へ ~

山岡4年ぶりの完封 正尚超特大5号

地元京セラドーム大阪で首位福岡ソフトバンクに連勝したオリックス・バファローズ。きょうからは敵地千葉での対千葉ロッテ3連戦。3連勝をかけての先発は蘇ったエース山岡投手。強風吹き荒れるZOZOマリンですが、初回は3人で片付ける完璧な立ち上がり。



早く援護したい打線は2回、先頭の安達選手が1-2と追い込まれながら、芸術的なバッティングでライト前へのヒットで出塁すると、続く7番は左腕の本前用に起用された佐野皓大選手が右打席で左中間へのヒットで繋ぎ無死1、3塁とし、8番の伏見選手でしたが、ショート真正面へのゴロとなり6-4-3の併殺の間に1点を先制しました。


ランナーを出しながらも追加点の奪えないオリックス打線に我慢の投球を見せる山岡投手。1-0のまま迎えた6回表はこの回から代わった小野に対して、ここでも先頭の安達選手がフルカウントから四球を選び出塁すると、続く佐野皓大選手の打球を二塁の中村奨吾がファンブルし無死1、2塁の大チャンス。


しかし伏見選手が遅れず1死1、2塁となりましたが、ようやく調子が上がってきた紅林選手がカウント2-1から投手の足元を抜くセンター前タイムリーで欲しかった追加点を奪い2-0とし、なおも1死1、3塁のチャンスで1番福田選手が初球スクイズを見事に決め3-0と点差を広げました。


3点のリードを奪ったオリックス。追加点を取った後の山岡投手は、6回裏1番からの好打順でしたが荻野、髙部、中村奨吾を簡単に3人で片付け、7回裏に2死1、2塁のピンチを迎えますが、佐藤都志也を2塁ゴロに仕留め完封ペース。8回裏を3人で簡単に仕留めると9回表に大きなプレゼントが待っていました。


9回表、この回から代わった八木から先頭の宗選手が遊撃内野安打で出塁、打者吉田正尚選手の時に暴投で無死2塁。そしてカウント3-1からの5球目を捉えた打球は、ライトのマーティンが一歩も動かないあわや場外という超特大の今季5号2ランホームランが出て5-0とリードを広げました。4月30日以来の2ヶ月ぶりの一発はビックリするくらい飛んでいましたね。さすが吉田正尚選手といった当たりでした。


5点のリードをもらって山岡投手の完封勝利へ向けての9回裏、先頭の中村奨吾にヒットを許しますが、続く安田を1-6-3の併殺に仕留め2死。最後の打者角中を1塁ゴロに仕留め、2018年9月15日札幌ドームでの対北海道日本ハム戦以来の完封勝利で5勝目。9回を108球4安打5奪三振3四死球無失点で規定投球回数にも達し、防御率1.51で防御率トップに立ち、チームは3連勝で借金も2としました。



いつもこんな試合を見せてくれと思うような快勝でしたね。快勝にご機嫌のポンタ監督は千葉ロッテ戦恒例のLOTTE商品を食べて勝利を祝います。きょうは「ガーナブラックチョコレート」です。



にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村 野球ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村 ポンタ監督のバファローズブログ - にほんブログ村

  ランキングへの応援も、ポチッとお願いします。

最新情報をチェックしよう!