~ 近鉄時代からの夢 バファローズ悲願の日本一へ ~

山岡6勝目 マッカーシー3号2ラン

オールスター前の9連戦、まず最初の仙台で東北楽天に1勝2敗と負け越してしまったオリックス。残り6試合は地元京セラドーム大阪に帰っての北海道日本ハム、福岡ソフトバンクの6連戦。北海道日本ハムは新庄BIGBOSSをはじめ15人がコロナ陽性判定と厳しいチーム状況で気の毒ですが、オリックスとしても、オールスターまでに5割の目標があるので、絶対に負けるわけにはいきません。



地元6連戦の頭は、復活したエース山岡投手が先発。試合前まで1.786でパ・リーグ防御率1位、そしてこの対北海道日本ハムは、驚異の防御率0.36と相性のいい相手。何としても3連戦の頭ですし落とすわけにいかない1戦ですので、きょうも打線が早く援護して山岡投手が楽に投げられるような展開に持ち込みたいところです。



しかしきょうの山岡投手、初回に現在首位打者の松本剛、巧打者の近藤に連打を浴びたり、2回も先頭の上川畑に四球とやや不安定な立ち上がりだったのですが、そんな山岡投手を援護したのが2回裏、死球の5番杉本選手を続く安達選手が送り、1死2塁の場面で6番マッカーシー選手が、北海道日本ハム先発の田中瑛斗の投げた初球の149キロのストレートが得意の高めに。快音を残した打球はライトが一歩も動かない5階席への豪快な特大3号先制2ラン。これぞ外国人助っ人の仕事と言うような見事な一発で、欲しかった先制点をモノにしました。


そしてこの2回裏は、マッカーシー選手のホームランの2点に留まらず、続く紅林選手がレフトへ2塁打で出塁し、若月選手の死球と石岡選手の2塁ゴロで2死1、3塁。ここで勝負強い宗選手がセンター前へのタイムリーで貴重な3点目をもぎ取ることが出来ました。この1点は本当に大きかったと思います。



しかしきょうの山岡投手はあまり調子が良くないのか3回表、先頭の石川にヒットを許し、2死2塁から4番の近藤にタイムリーを許し1点を返されてしまいますが、その裏、2死1塁から杉本選手が盗塁し、捕手石川亮の悪送球で2死3塁。


ここで田中のボークで貴重な追加点を挙げることが出来たのはラッキーでした。そして4回裏にも、先頭のマッカーシー選手が四球を選び、続く紅林選手の痛烈なセンターへの2塁打に、一塁からマッカーシー選手が激走し5点目を追加しました。


投げては先発山岡投手が毎回ランナーを許す厳しい投球でしたが、失点は3回の1点だけにとどめ、8回からは気迫満点の投球を見せる絶好調の阿部投手が2奪三振と完璧なリリーフ、最終回は近藤投手が締め、7-1の快勝。先発の山岡投手は7回を112球7安打7奪三振3四死球1失点で6勝目。防御率1位も守りました


DAZN


あまり調子のよくない山岡投手を打線が援護するという理想的な展開で、平野佳寿投手も温存出来たこともあり快勝に、とてもご機嫌なポンタ監督。今夜の勝利の美スイーツは、モンテールの濃密なやさしい口どけ「銀のショコラケーキ」です。



にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村 野球ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村 ポンタ監督のバファローズブログ - にほんブログ村

  ランキングへの応援も、ポチッとお願いします。

最新情報をチェックしよう!