~ 近鉄時代からの夢 バファローズ悲願の日本一へ ~

好調若月 無念の新型コロナ陽性判定


きのうは終盤追い上げは見せましたが、それまでのミスをしての失点が大きくのしかかり、3連勝を逃してしまいました。あすから3位東北楽天との3連戦になるのですが、その前にまた残念なニュースが入ってきました。新型コロナウイルス陽性判定者がチームスタッフ2名を含む計4名発表されました。




その2名というのが、投手ではバルガス投手、そして野手では8月に入り月間打率.467、先発出場8試合中7試合でマルチ安打、通算50試合で打率.325、2本塁打、8打点とついに打撃が開花し、打順も9番から7番に引き上げられ、得点圏打率も驚異の.450と絶好調の若月選手が陽性判定と発表、無症状ですが隔離療養とのこと。


でも本当に絶好調だっただけに残念で仕方ありません。このままいけば月間MVPの可能性もあったかもしれないですしね。生まれた子供さんと奥さんへのプレゼントにさせてあげたかったなぁ。このブランクで調子を崩さないように頑張ってください。



平野佳寿投手がきのうファームのマウンドに上がり、椋木投手も練習を再開とようやくチームに戻れるようになったと思った矢先の新型コロナウイルス陽性判定。シーズン終盤の勝負がかかる時期には全員体調万全で、ラストスパートをかけられる体制になっていたいですし、そうなれた球団が今年のペナントレースを勝ち抜くような感じがします。



きのう先発し5イニングを投げた中村勝投手、その中村勝投手のあとを3イニング投げた張奕投手、そして1死1、3塁の場面で空振り三振、守っては返球を急ぎ打球を後逸しピンチを広げてしまった佐野皓大選手の登録抹消も発表されていました。特に佐野皓大選手は懲罰的な意味もあるのかとは思いますが、もう一度ファームで鍛え直して帰って来て欲しいと思います。



Twitterにも書きましたが、佐野皓大選手、太田選手については、何度もチャンスをもらいながらなかなかモノにすることができません。プロですからいつまでもチャンスを与えてもらえるものでもないと思いますので、与えられた時にもっとこのチャンスは絶対に逃さないと言うようなガツガツとした執念を見せて、次のチャンスこそ掴み取って欲しいと思います。



そんな中、ファンの目を釘付けにしたのが剛腕宇田川投手の剛速球でしたね。きのうの最速は157キロ。鍛え抜かれた下半身を土台に投げ込まれるストレートは同じ157キロでも、本田仁海投手の球筋とは違うタイプのストレート。私はおとといの試合の勝ってる場面での8回か9回に、ひょっとして来るかなという気もしながら見ていたのですが、やはり大切に使ってきましたね。



次の登板は勝ってる場面になると思いますが、何とかうまくレールに乗せてやりたいと思います。どれだけいい投球をしていても、なかなか勝てずにいると調子も落ちてくるでしょうし、自信も無くしてしまう可能性があります。ですから、ポンポンと階段を駆け上がるようにチャンスを掴み取って欲しいと思います


私は、どうしても榊原投手の事を思い出してしまうんですよね。好投してもなかなか勝ち星に恵まれず、デビュー以来68イニング2/3被本塁打なしとか、10試合連続QSとか、ほんとに登板するたびに、すごいピッチングを榊原投手はしていたんですよ。


投打のかみ合わせさえ上手くいっていたら、今ごろは先発ローテーション投手としてエース級の働きをしている投手になっていたのではないかと今でも思っています。感情むき出しの熱い投球は魅力満点でしたし、応援したい投手のひとりでした。何とかまた復活を果たして欲しいと思います。



野球のない月曜の夜、ポンタ監督はセブンイレブンのダイスチョコとケーキ生地の入った「ショコラデニッシュ」をおやつにしながらくつろいでいます。


DAZN


にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村 野球ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村 ポンタ監督のバファローズブログ - にほんブログ村

   ランキングへの応援も、ポチッとお願いします。


最新情報をチェックしよう!