ロメロ2号同点2ラン

きのう、頑張って欲しいと書きましたが、きょうはあえて書きます。

きょうの負けはズバリ!言いたくはないですが残念ながら伊藤選手です。
勝ち越しのランナーが3塁にいて、落ちる球要求して股の間を抜かれるなんて絶対あかんでしょ。なにやっとんねん!と言われても仕方ないプレーでした。で、これだけでは終わりませんでした。6回裏の大ピンチを、吉田一将投手が切り抜け、7回相手のエラーが出て流れがこっちに来た!と思った矢先の送りバント失敗の併殺。これで完全に流れが変わりました。

エース金子千尋投手の登板で1回にすんなり先制して、4回までノーヒットピッチング。5回初安打を許した後の大城選手のエラーも考えられないような論外のミスです。集中力をもってやってください。ほんとにここ数年守備のひどいチームになってしまいました。練習あるのみです!
しかしそれを打ち消すようなロメロ選手の豪快な同点2ラン!が飛び出したので、これから!と思ったその裏、いきなり四球。これは金子投手ほどの投手がこれをしたらダメですよ。金子投手も正直、全盛期と比べると年齢的なものもあるのだとは思いますが、とにかくスタミナが無くなってきましたね。まだまだエースとして頑張って欲しいのですが。。
そして7回の決勝ホームランのシーンで、打たれる投球前に近藤投手の顔がテレビに映し出されたのですが、なんか覇気のない顔をしてるなとイヤは予感がしたしたんですよね。
お!インコースに構えたと思った次の瞬間、高めのクソボールだったと思いますが、やられたとわかるような豪快な当たりでした。こうなると、まずそのまま負けます。追いつけるとは思えません。素人が見ててそう思うのですから、相手ベンチからしたらもう楽勝なんでしょうね。

近鉄も阪急もブルーウェーブも強い時期があったんですけど、3チームの良さが全部消えてしまった感じでなんか悲しくなってしまいます。セリーグで好調のベイスターズのラミレス監督を見るたびに、彼を監督にしてたら今頃どうやったんやろと思ってるファンの方も多いのでは。
これだけ結果の出せない監督によくやっているから留任とか言った社長さん。もっと人を見る目を養ってくださいね。ファンは泣いてますよ。もっと魅力あるチームに!もっと覇気のあるチームに!
たとえ負けても最後まで気迫あふれるプレーをチーム全体で表してください。伏見選手一人がベンチを盛り上げてもダメですよ。チーム一丸となって戦ってください!お願いします。

壁にパンチで八つ当たりするポンタ監督でした。
DSC_0864

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です