いい試合で勝てる試合だっただけに落胆度の大きさは計り知れません。

能力のない監督がバタバタ動くとこうなると言う典型的な試合で勝ててた大事な試合をまた落としてしまいました。安定していた山岡投手を100球で降板させ、昨日勝ちゲームに初めて中継ぎで投げた高卒2年目の山本投手をいきなり連投させ、今年安定感のない黒木投手を登板させたものの、不調とみて何と連投の増井投手を8回から。球審の判定が辛かったのもありますが、案の定回跨ぎの9回に追いつかれ、10回吉田一将投手はいきなりの長打に四球では結果は見えていました。多くの観客が入った京セラでソフトバンクに連勝していれば、少しチームにも勢いが出るところだったのですが、勢いどころか明日の中継ぎ抑えがいないと言う状況で、新人田嶋投手に勝ち越しを託さなければいけないようになってしまいました。もっと先の事を読んだ采配をしないとその場その場をしのいでいても長いシーズンは戦えませんよ。「増井はイニング跨ぎでちょっとかわいそうでしたね」何を呑気な事言ってるんですか?この監督は。そういう状況にしたのは監督さんでしょ?いつも他人事みたいなコメントばかりしてますが、たまには自分の責任もコメントにしてください。

きょうはほんまにええ感じの展開やったんですけどね。きょうはパ・リーグTVでの観戦だったのですが、山崎選手の2死満塁からのタイムリーの時には、打った瞬間思わず「やった!」って声が出てしまいましたし、安達選手の2死からの勝ち越しホームランには「いてまえ打線」を思い出させる一打に思わずガッツポーズをしてました。でも、8回黒木投手の名前が告げられた時は、正直不安いっぱいでした。2点差やからなんとかと思ったのですが、先頭打者への四球から嫌な予感って不思議と当たるんですよね。近藤投手、黒木投手は今は僅差の勝ちゲームに使うのは不安の方が大きいですね。となると、中継ぎ誰がやるってことになりますし、山本投手の酷使だけは何としても避けて欲しいと思います。

7回の追加点のチャンスだった1死2塁の9番山崎選手の場面、左の宗選手に左投手の嘉弥真を送り込んできた場面、9回裏、先頭の小谷野選手がストレートの四球で塁に出て6番T-岡田選手の場面。それぞれなんか手はなかったんですかね。こういう時にこそ監督の力が大きく左右されるのでしょうが、どの場面も無策で終わりました。昨年、謎の「よくやってる」発言から早々に留任発表がありましたが、その時点で多くのファンは現状を想像できてたと思いますし、楽天が思いのほか勝てないのでかろうじて最下位は免れてますが、最下位でも不思議ではない戦いが続いてます。あすは新人の田嶋投手なので打線はとにかく早く援護してあげてください。

不甲斐ない戦いをバッファ君に詫びるポンタ監督です。
DSC_0776