あの頃。近鉄VS南海と言えば、負ける気なんかしなかったのですが、今、オリックスVSソフトバンクと言われると、悔しいですが残念ながらまったく勝てる気がしないんですよね。おまけに、札幌で3タテ食らって帰ってくるわけですし。

しかし年月が経つのは早いもので、もう近鉄バファローズを知らない方が増えてきました。私は幼い頃からの近鉄ファンだったので、毎年行われる近鉄復刻イベントだけが楽しみで京セラドームへ足を運んでいました。グランドの近鉄ユニフォームを観ても何の違和感もなく、むしろ私にとっては当たり前の光景なんですが、今のファンの方にとっては、きっと昭和の光景なんでしょうね。懐かしい近鉄バファローズの歌が流れたり、懐かしい応援歌を聞いたりするのが楽しみなんですが、毎年無性に嬉しくなって、泣きそうになってしまうのが南海ファンからの「近鉄倒せ!」のコールなんです。近鉄と言う心地よい言葉の響きが心を熱くしてくれてるのでしょうね。あの頃はあんなにムカついてたのに、今は南海ファンにありがとうって思いです。

しかし、そんな感傷に浸ってる場合ではないですよね。このままズルズル行くと本当に今年が終わってしまう大切な9連戦が始まります。おまけに相手はソフトバンク、西武、ソフトバンクです。ほんまにこの9連戦を大きく勝ち越すようなことがあれば奇跡が起きるかもしれませんし、大きく負け越せば終りでしょうね。でも、それくらいの覚悟をもって監督、コーチ、選手が挑んでくれることをひたすら願います。あすは西投手です。監督がいつもぼやいてる打線が明日こそ爆発して何としてもカード初戦を取りましょう。勢いを止めるようなワンパターンのバント采配はもういいし、とにかく気迫あふれる試合を見せて欲しい。リードされてもワンチャンスでひっくり返すような豪快な近鉄野球を見せてください。近鉄のユニフォームは着たくないとかつまらんこと言うてる暇があったら、どうやったら勝てるか考えて試合に臨んでください。

去年話題になった、福良監督の近鉄ユニ着たくない事件ですが、たしか大石大二郎監督も同じような事があったように思います。阪急ユニだったかなと思うのですが、大石監督が試合終了までグランドコートを脱がなかったのを記者に聞かれて、近鉄ファンの方が自分の阪急のユニフォームを着てるのを見たくないんじゃないですかって答えられたように記憶してます。福良監督の着たくないの発言とは大きな違いですよね。あの発言で、ほんとに福良監督は大嫌いになったのですが、チームのため明日頑張って下さい!あすはドームへ行きます。

DSC_0733