2018年待ちに待ったプロ野球開幕。
今年こそ優勝を目指すわがオリックス・バファローズは、敵地福岡ドームで福岡ソフトバンクホークスに挑みましたが、残念ながら今年も敗れてしまい、これで開幕戦の連敗は7に伸びてしまいました。シーズンの始まりである開幕戦に勝つと、これはやっぱり普段の試合での勝ちよりなぜか数倍嬉しいものなんですよね。だから、来年こそは、開幕戦の連敗をストップして欲しいと思います。

しかし、初の開幕投手を務めた西勇輝投手の、コーナーにビシビシ決まる気迫あふれるピッチングは観ていて本当に気持ちよかったし、勝たせてあげたいピッチングでした。同じ福岡ドームで、ノーヒットノーランを記録した時と同じ伊藤捕手とのコンビも息が合ってよかったですし、今日ライトに入ったロメロ選手のファインプレーも、西投手を盛り立ててました。そんな中、プロ初出場初スタメンのドラフト8位ルーキー山足選手が初打席の初球を鮮やかにセンター前へ、あの千賀投手からのプロ初安打本当におめでとうございました!守備は一つ危ない送球がありましたが、セカンドの守備も無難にこなし初スタメンの大役を果たしました。この山足選手はとにかく足が速いし、バファローズの選手に多い俊足だけど盗塁が下手と言うタイプではなく、盗塁も出来る俊足選手ですし、右打ちも本当に上手いし、攻撃の際の状況判断が出来る選手だと思っています。

しかし、残念ながらこの1安打だけで2併殺の27人攻撃では勝てません。それほど球数が多かったわけではない千賀投手をスパッと交代させて継投パターンへ繋いだ工藤監督と、球数的にも交代と思われた西投手を、続投させた福良監督の勝負勘の差が残念ながら出た試合でしたね。それとサードに起用した大城選手もイージーゴロのエラーやノースリーからの三振と起用が裏目に出てしまいました。明日はルーキー田嶋投手なので、変なプレッシャーを感じさせないためにも、きょうは勝っておきたかったんですけどね。明日は打撃陣に奮起していただいて、今日の分まで打って打って打ちまくって、田嶋投手を援護して欲しいものです。明日もパリーグTVでの観戦になりますが、あすは吉田正尚選手の豪快なフルスイングからのライトスタンドへの一直線の打球、宗選手の今シーズン初安打、山足選手の初盗塁、ロメロ、マレーロ両外国人の一発と見たいものはたくさんですが、まずは初勝利。あしたは勝とうぜ!バファローズ!

がっくり肩を落とした寂しい背中のポンタ監督でした。
DSC_0818