東明投手の契約更改。1勝4敗と言う数字だけ見ると確かにダウン提示でも仕方ないかなと思いますが、2年続けて肘を手術し3年ぶりに勝ち投手になり復活をとげ、防御率の2.27も素晴らしい成績だと思います。リリーフ陣が打たれて勝ち投手を逃がした試合もありました。先発投手として安定感があり、来季のローテーション投手としても期待がもてそうな投球だったと思いますが、プロの査定では年俸ダウンになるんですね。心情的には上げてやって欲しかったですけどね。来年はローテーションの中心として頑張って、オフには年俸を上げて欲しいと思います。2ケタ勝った実績がある投手ですから期待したいですね。

もう一人、気になった選手が大城選手。こちらは1000万増だとか。たしかに福良采配で守備位置をたらい回しされ、大変だったとは思う分を加味したとしても、打率.231の4本塁打28打点ですよ。こんな数字では全然物足らないでしょ。調子の波が大きいですし、盗塁は15ですが成功率が低い。あと何と言っても、大城選手の場合は大ポカをやらかすイメージがあります。セカンドを守った時の広い守備範囲は素晴らしいですが、トータルでレベルアップしないと、西野選手もセカンドのポジションを再挑戦みたいですし、ルーキーイヤーを好成績で終えた福田選手に勝てませんよ。本塁打は0でいいとか言うてるようですが、もっとスケールの大きな選手を目指して欲しいと思います。

これからは主力選手の契約更改が続きます。すんなり行くのか、もめるのかわかりませんが、楽しみに見させていただきます。そんな中でも、一番気になるのは後藤駿太選手かな。

ポンタ監督、きょうはローソンで見つけた「クレームブリュレ」で一日を締めくくるとします。
DSC_0412
DSC_0411
  
  👆よかったらひと押しお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村