消えた天才っていう番組を何気なく見ていたら、見覚えのある選手が。

平安高校からオリックスに入団した川口投手。甲子園のスター選手だった彼がプロで1勝も挙げられなかった背景にあったのは、いろんなコーチからのアドバイスでフォームを見失ってしまったことにあったとの事。たしかにプロに入ってからの川口投手はノーコンと言うイメージが残ってます。一度見失ってしまったら、元には戻せないんですね。指導者によって花開く選手もあるでしょうが、指導者によって潰されてしまった選手も数多くいるんだろうなと思いました。プロにスカウトされるような選手ですから、才能がないわけありません。指導者との巡り合いが選手そしてチームの命運も握ってるんですね。今年も新たに入団してくる選手がいます。いいめぐり逢いがあって欲しいと思います。

二人目は近鉄のドラフト1位、真木投手。法政大学からのドラフト1位左腕で、球が速かった印象があります。テレビでやっていた通り、すごく順調にデビュー以来勝っていたイメージで、確かに急に勝てなくなってしまった投手だったと思います。相手チームに研究されたんだろうなとか、どこか故障してしまったんかなって思ってたのですが、原因は、あのイチロー選手の頭部への死球だったらしいです。それ以来インコースを投げられなくなって、球速も落ちてしまい、短いプロ野球人生になってしまったとの事。1打席でチャンスを掴んでスター街道を駆け上る選手もいるでしょうが、こうやって1球が野球人生を狂わす選手もいるんですね。

今年も高校、大学、社会人と新入団選手がやって来ますが、1球で人生が変わる場合もあるのですから、悔いのないように毎日練習に取り組んで、チャンスを掴んで欲しいと思います。

日本シリーズも終わり、ほんとにオフになってしまいポンタ監督も楽しみがなくてちょっと元気がありませんので、ここはローソンの「生どら焼 小倉クリーム」でも食べて元気になってもらいます。
DSC_0085
DSC_0083 (4)
  
   👆よかったらひと押しお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村