ドラフト1位の太田選手のお父さんは元近鉄バファローズの選手だった話は昨日しましたね。

実はもう一つ、太田選手と近鉄バファローズの繋がりがあるんです。太田選手は奈良の天理高校です。この天理高校硬式野球部の監督は中村良二さんです。近鉄ファンの方なら、聞き覚えのある名前ではないでしょうか。天理高校が夏の甲子園で奈良県初の優勝をした時の主将です。そしてその年のドラフト会議で近鉄が2位指名をして入団をされました。ちなみに、この年のドラフト1位は、のちの10.19で涙を流した阿波野投手です。阿波野投手は抽選で射止めることが出来たのですが、この時もし、くじを外していたら中村選手を1位指名する予定だったと聞いたことがあります。

近鉄入団後は、ファームでは本塁打王や打点王を獲得するスラッガーだったのですが、左投げ右打ちと言うのも災いし残念ながら1軍では壁が厚くあまり活躍は出来ず、近鉄から戦力外通告されました。ファームでは110本の本塁打を放ちながら、1軍では0という結果でした。

その後、中村さんは天理大学の硬式野球部監督を経て、天理高校コーチ、天理高校監督。2017年には夏の甲子園へ導き高校野球の指導者として頭角を現しています。近鉄の選手の父を持ち、近鉄の選手だった監督に鍛えられ、太田選手はバファローズにドラフト1位で指名されました。太田選手はバファローズとは切っても切れない縁があって、バファローズに入団するようになってたんでしょうね。中村監督も活躍を楽しみにされてると思います。

今夜のポンタ監督は、お気に入りのファミリーマート「生チョコの四角いクレープ」片手に中村良二さんの懐かしい入団当時の記事を読むとします。
DSC_0067 (1)
DSC_0068 (1)
  
    👆よかったらひと押しお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村   
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村