1回の攻撃と守りで本日終了の巻。

ご覧になられてた方はさぞ呆れられたと思います。まず攻撃から、きのうのブログでせっかくポカのイメージが変わって来たと褒めたとこやのに、やっぱり大城選手は大城選手でした。ロメロ選手が打席に立った時、外野に振り返って守備位置の確認してましたよね。まさかアウトカウント間違えるはずないですよね、ノーアウトやもん。そんな際どい打球にも見えなかったんですけど、一体何が起きたんでしょうね。そして、この時もう一人、三塁コーチャーの風岡コーチ。ただただ突っ立ってませんでした?止めるとか戻る指示するとか、無謀な本塁突入の指示をよく見ますが、今日のは指示もなかったですよ。あれは少年野球でも怒られますわ。先制点のチャンスは、これで一瞬にして消えてしまいました。

そして、今度は守り。アルシアの一打は捕れたんじゃないかなぁと思いますね。追いついてたように見えました。福良監督は外野の守備ってどう考えてはるんでしょう。内野が本職の小島選手、宗選手、大城選手を外野の守りの要センターでよく起用しますが、圧倒的な打力があるとかでもないのにほんと不思議な起用です。6点目を阻止した武田選手の守備を見るとなおさらです。

山崎福也投手は、横尾に打たれたホームランが余計でした。2死やっただけに、なんとかあとひと踏ん張りして欲しかった。初回の5失点は貧打バファローズにはあまりに大きすぎました。バファローズも横尾や山川や井上のような右の長距離砲を早く育てないとダメですね。今年のドラフトでは2人ほど指名して欲しいものです。

試合前にT-岡田選手の登録抹消のニュースが飛び込んできて、これで小田選手、中島選手、T-岡田選手が故障での長期離脱を余儀なくされました。これは正直、両外国人調子を上げて来ないとヤバい展開ですね。そして代わりに上がって来たのが鈴木昂平選手と言うのもちょっとよくわかりません。吉田正尚選手の前で打線が切れないように、今調子のいい西野選手の3番もありかなと思います。今年はどのチームにもチャンスがありそうなので、何とか食らいついて欲しいと思います。

きょうの収穫は齋藤綱記投手。左打者をきっちり抑えアピール出来ました。リリーフ陣に左が一枚加われば大きな戦力になりますので、頑張って欲しいですね。相手チームの左腕宮西は600試合登板でした。生で観るのも齋藤投手にとって、いい勉強になったんではないでしょうか。

余りの情けない試合で、ポンタ監督はコンビニに行く元気もなくしょんぼり。
ポンタ監督が元気になるには、明日のディクソン投手に頑張ってもらうしかありませんね。
DSC_0012
 
   👆よかったらひと押しお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村